任意保険に加入する必要性と補償内容、保険料

2018年7月13日

任意保険とはどのような特徴を持った保険なのでしょうか?また交通事故に遭った際の補償範囲や補償金はどのように設定されているのでしょうか?

任意保険と必要性

自動車保険は大きく分けると自賠責保険と任意保険の2種類があります。自動車やバイクを運転するために運転手は必ず加入しなければいけないのが自賠責保険で強制保険とも呼ばれます。

運転手の意思の任意で加入するかどうかを決定できるのが任意保険で、一般的に任意保険のことを自動車保険と呼ぶことも多いです。それではなぜ自賠責保険とは別に任意保険があるのでしょうか?

自賠責保険だけでは交通事故の被害者に対する補償範囲や補償額が不足しており、それを補う役割として任意保険があります。自賠責保険では死亡事故で3000万円、後遺障害で最大4000万円の補償限度額がありますが、実際の慰謝料は億を超えることは少なくありません。また加害者の死亡やケガ、対物に対する補償などさまざまな補償にも対応しています。

保険の補償内容を見て安心する夫婦

任意保険の補償内容、保険料

任意保険は対人のみを補償している自賠責保険とは違い、さまざまな内容に対して補償を行う自動車保険です。対人はもちろん、モノを壊した際に補償してくれる対物や車に対する車両保険などもあります。

自動車保険の中身は自分自身で加入を選べるものと、保険会社が必ず加入しなければいけないものに分かれます。所有している車の現状や運転のライフスタイルに合わせて加入する保険を選択しましょう。

また任意保険の保険料は保険が適用される補償範囲と特約の中身によって変わってきます。例えば、オプションとして車両保険をつければその分保険料が高くなりますし、反対に無駄な特約を省けば保険料を抑えることもできます。

例えば自己所有の車を大事に使いたいという場合には車両保険をかけることが大切になってきますが、反対にいつ壊れてもいいというような買い換えを前提とした車に乗る場合には車両保険をかける必要性はあまりないかもしれません。このように、個人によってケースバイケースで補償範囲のニーズは大きく異なりますので、必要な範囲を上手に設定することが失敗しない保険選びには欠かせません。

補償対象 保険名 補償内容
第3者 対人賠償保険 他人を死傷させた場合の損害賠償
対物賠償保険 他人の所有物に損害を与えた場合の損害賠償
運転手
搭乗者
自損事故保険 自損事故により搭乗者が死傷した場合の補償
無保険車傷害保険 保険に加入していない車との事故で搭乗者が死傷した場合の補償
搭乗者傷害補償保険 搭乗中の事故によって搭乗者が死傷した場合の補償
人身傷害補償保険 搭乗中の事故によって搭乗者が死傷した場合の補償
自己所有車 車両保険 事故による車の損傷や盗難された場合の補償

任意保険に入っていない車に事故を起こされたら

もし任意保険に加入していない車から事故を起こされた場合は、まず自賠責保険から損害を補償されることになります。ただし、自賠責保障では死亡事故でも3000万円、後遺障害で4000万、傷害で120万円という限度額までしか支払われません。

自賠責保険の限度額を超える賠償金は、加害者による自腹によって支払われることになります。加害者の支払い能力が不足しているケースでは、最悪の場合は被害者が賠償金をずっと受け取れないまま泣き寝入りするということにもなりかねません。

相手が任意保険に入っていなくても、自分が被害に遭った際に補償してくれる任意保険もあります。たとえば、人身傷害補償、搭乗者傷害、無保険車傷害といった保険などがありますが、自分が契約している自動車保険の適用範囲なのか確認しておく必要があります。万が一事故を起こした時にも、反対に起こされた場合にも備えられるように任意保険には入っておいた方がいいでしょう。

保険料を左右する要素

さて上記の保険料の計算方法は誰にでも当てはまる話です。自動車保険の大きな特徴として被保険者や車両の特徴によって保険料が大きく変わるというものがあります。これを料率と言い、支払われる保険金の額にリスクの代償によって計算された料率をかけたものが保険料となります。

要素 内容、料率
年齢 29歳以上補償、全年齢補償
運転者の範囲 本人限定、家族限定
等級 1~20等級
補償範囲 人身傷害補償保険、車両保険の有無
保険金額 無制限、2億円、5000万円
特約 個人賠償責任担保特約、ファミリーバイク特約
免許 ゴールド免許の有無
車種 車種、料率クラス
使用目的 日常、レジャー、通勤通学、業務
年間走行距離 5000km,10000km
割引 セカンドカー割引、福祉車両割引

以上のように保険料を決める要素は数多くあります。特に保険料に大きな差がつくのは年齢と等級です。20歳前後の若い人たちは事故を起こしやすいので保険料が高くなっており、また事故を起こす頻度で決定される等級が低い人ほど保険料が高く設定されています。

年齢は変えることはできませんが、日頃から安全運転に気をつけていれば等級を高くすることによって自動車保険の保険料を抑えることは可能です。また、車両保険や人身傷害補償保険の有無も保険料に大きく影響しますので、自分に合った補償内容を満たした自動車保険を賢く選ぶようにしましょう。

運転手の年齢や車種によって保険料は変わる

最初に結論から申し上げれば、自動車保険の一般的な相場というものはありません。というのは、記名被保険者の年齢や等級、車種、補償内容のグレードなどによって保険料が大きく変わるからです。

また同じ補償内容でも保険会社によって保険料が変わってきます。例えば、記名被保険者が37歳男性、家族限定で33歳の妻を設定、年間走行距離が5000km、対人・対物無制限、人身傷害補償3000万円、車両保険一般タイプの場合、保険料が6万円弱のところもあれば3万円程度のところもあります。

そのため自動車保険の相場を知るというのはプロにしか分かりません。それでは保険選びに迷っている方が相場の価格を知ってお得に保険を加入するにはどうすれば良いのでしょうか?

保険料を安くするポイント

複数の保険会社に一括見積もりサービスなどを利用して見積もりを取り寄せれば、同じ条件の下での保険料が比較できます。だいたいの相場が分かったところで、補償内容を確認しながら保険料が安い保険会社を選ぶのが賢い方法です。

ダイレクト型(通販型)保険の場合は、ディーラーや中古車の代理店型保険よりも一般的に安くなるので、保険料をとにかく抑えたいという方にはおすすめです。無駄な特約を抑えて割引制度を上手く活用するのも節約のポイントです。

参考リンク
・そんぽ24:「保険料スピードチェック

任意保険のまとめ

  • 自賠責保険は加入義務のある強制保険、任意保険は加入するかしないか自由の自動車保険
  • 自賠責保険だけでは補償範囲と補償金に限度があるため、任意保険に加入することで幅広い交通事故の補償に対応できる
  • 任意保険の中にもいろいろな保険があるので、運転手の状況に合わせて加入を選択する必要がある
  • 加入する保険の補償範囲や保険金の金額設定によって保険料は異なる
  • 被保険者の年齢や等級、ゴールド免許かどうかでも保険料は変わる