自動車保険選びのプロセスと見積書の読み方

自動車保険はいろいろな会社から選ぶので面倒だと考えている方も少なくないと思います。基本的な自動車保険選びのポイントを抑えて間違いのない保険に加入するようにしましょう。また一括見積もりサービスでお得に保険に加入する方法や見積書の読み方も解説しています。

自動車保険に入る目的を確認

新しく車を購入したり自動車保険の更新の手続きがせまっていることもあり、なんとなく自動車保険を選んでいる方も少なくないと思います。そもそも自動車保険に入る目的は何なのでしょうか?

もし死亡事故のような大きな事故を起こしてしまった場合は巨額な賠償金を支払わなくてはならなくなります。必ず加入しなければならない自賠責保険でも補償されていますが、死亡1人あたり3000万円、後遺障害でも4000万円が限度額になっています。

自動車保険(任意保険)は加入するかどうかは自由意志に任されていますが、万が一の事故のためにも加入されておくことをおすすめします。大きな賠償金を背負った場合に備えておく、ということが自動車保険に入る大きな目的です。

補償範囲と保険金を決める

自動車保険に入る目的を再度確認できたら、補償範囲と事故の補償となる保険金について決めていきましょう。万が一の大きな事故に備えて対外的な補償を充実させておき、必要に応じて自分への補償を加えるのが基本的な自動車保険の選び方です。

まず対人賠償保険や対物賠償保険は無制限に設定しておくのが良いでしょう。保険金の設定額を下げてもあまり保険料が変わりませんので、どちらも無制限に設定しておくのが一般的です。

無保険車傷害保険と自損事故保険は保険会社によっては自動的に加入していることが多いです。搭乗者傷害補償保険と人身傷害補償保険はどちらかに加入されておくのがおすすめですが、人身傷害補償保険を無制限に設定しておくことで搭乗者保険もカバーできます。

最後に自分の車に対する車両保険ですが、保険の対象となる車によって保険料も変わってきます。新車であれば一般タイプ、中古や経年が長い車であればエコノミータイプでも十分補えます。

一括見積りをしてみる

通販の形式で自動車保険を販売するダイレクト型では、代理店を設けないことからコストを下げられることにより基本的に代理店型よりも保険料が安くなります。今までディーラーや中古車屋さん(代理店)に任せていた方はぜひ見積もりをお試しください。

しかしながら、ダイレクト型の保険会社は現在では20社以上もありテレビでもさまざまなCMが流れていますが、1つ1つの保険会社から見積もり依頼を出すのはとても面倒です。そこで簡単な入力だけで数十社から一括見積もりを受け取れるネットサービスを利用するのがおすすめです。

通常であれば1つ一括見積もりサービスに申込むだけで十分ですが、重複していない保険会社もあるのでできれば2~3個の一括見積もりサービスに申し込むのがおすすめです。中には見積もりを依頼するだけでプレゼントがもらえるキャンペーンを展開しているところもあるので、少しだけ手間がかかりますが同時にいくつも申し込むのがお得です。

早ければ数日後に保険会社から見積もりが届きます。すべての内容に目を通すのは大変ですが、保険料と保険金や補償内容、ロードサービスや特約の有無をわかりやすい形で比較してみるのが良いと思います。

保険会社によって割引制度や年齢制限などによる割引率の考え方も違うので、一括見積もりで比較検討することによって保険料の安さだけにとらわれず補償内容も見比べて、自分にぴったりの自動車保険を選びやすくなります。

一括見積もりサービス 最大見積もり社数
ズバット自動車保険比較 最大20社見積もり可能
保険スクエアBang 最大17社見積もり可能
インズウェブ 最大20社見積もり可能

見積書の読み方

保険会社に見積もり依頼をすると希望に合った見積もりプランが記載された書類が送られてきます。また、インターネット上で入力を行うと簡単に画面上でシミュレーションが表示されますが、希望合わせたプランとともに節約プランや人気のプランも併せて表示される場合があります。

プラン名 節約プラン 希望プラン 人気プラン
対人・対物補償 無制限 無制限 無制限
○○補償 なし あり あり
車両保険 なし エコノミ― あり
△△特約 なし なし あり
保険料 100,000円 140,000円 180,000円

まずチェックしておきたいのは、対人・対物補償の保険金の設定です。交通事故で被害者への損害額は億を超えることも少なくないので、どちらの補償も無制限に設定されているか確認しましょう。

次にチェックしたいのは、搭乗者傷害保険、人身傷害保険、車両保険です。人身傷害保険については保険会社によって最初から付随しているところもあれば、オプションでの加入が必要になることもあるので注意が必要です。補償金額も1000万円~無制限と幅広く設定可能ですので、他社の保険料と見比べながら補償内容を決定するのが良いでしょう。

特約の有無を確認

基本的な補償内容を確認したら、次にチェックするのは特約の有無です。無駄な特約が含まれていないか確認するようにしましょう。更新の場合は既に廃車した手続きを済ませたバイク特約などが一緒に含まれていないか注意しておきましょう。

加入の判断が難しいのが弁護士特約です。交通事故によって損害賠償訴訟などの裁判までに発展したケースは弁護士費用を賄えるので便利ですが、裁判まで至るのは珍しいケースです。ただし、保険会社の特約内容によっては示談交渉が弁護士が行ってくれるものもあるので、トラブルに巻き込まれたくないという方には加入されるのがおすすめです。

保険料と支払い方法を比較

最後にチェックする項目が保険料と支払い方法です。必要な補償内容がほぼ定まった段階で、一括見積もりして得られた見積もり書を比較検討してみます。車種や運転手の年齢などによって見積もり内容は会社によって大きく異なるので、必ず一括見積もりをしておきましょう。

また、支払い方法はクレジットカード、現金一括、分割払いなどさまざまあり、また支払い方法によって割引が適用されるケースがあるので、総合的に補償内容と保険料を比較検討してみるのが失敗しない自動車保険の選び方です。

参考リンク
・All about:「自動車保険の見積もり法・見積書の見方

自動車保険の選び方のまとめ

  • 自動車保険(任意保険)は大きな事故に備えるために大事な保険
  • 保険の自由化により保険料や補償内容が保険会社によって異なる時代に
  • 対外的な補償を充実させて、自身に対する補償は必要に応じて加入
  • 複数の一括見積もりサービスに申し込んで、保険内容を比較検討してみる
  • 必要な補償内容と特約が含まれているか、無駄な補償が含まれていないか確認する
  • 必ず一括見積もりを行って複数の保険会社から見積もり書を郵送を依頼する