無保険車傷害保険、自損事故保険

2018年7月13日

自動車保険の無保険車傷害保険とはどのような保険なのでしょうか?また自損事故の場合に補償される保険はあるのでしょうか?補償内容や適用条件などについても解説しています。

無保険車傷害保険とは

無保険車傷害保険とは事故で被害を受けた際に、加害者が十分な保険に入っておらず賠償金を受け取ることができなかった場合に役立つ保険です。無保険車傷害保険に加入していると以下のような場合に大きなメリットを受けられます。

  • 相手が自賠責保険に加入していない
  • 任意保険に加入していない
  • 当て逃げ、ひき逃げなど、加害者が判明しない
  • 相手の保険金が賠償金に対して低い

相手が自賠責保険に未加入であったり、任意保険に加入しておらず賠償額が不足している場合に補償してもらえます。また相手が判別できないような事故にあった場合でも対応してもらえます。

無保険車傷害保険の補償内容

無保険車傷害保険の保険金は、保険加入者が契約している対人賠償保険の補償限度額と同じ金額になるのが一般的です。また上限は1名につき2億円となっており、 対人賠償保険が無制限であっても無保険車傷害保険の限度額は2億円となります。

無保険車傷害保険の中にも保険加入者本人に限定して保険の対象としているものや、家族にも補償範囲が及ぶものなどいくつか種類があります。また、歩行中や自転車の運転中の事故にも補償してくれる種類もあるので、ニーズに合わせて選択するようにしましょう。

無保険車傷害保険が適用されないケース

無保険車傷害保険が適用さない場合として、被害者の故意で起こした事故などがあります。他にも家族間での事故で、加害者が家族の中にいれば適用されません。

また、自動車修理業、駐車場業、給油業、洗車業、自動車販売業、陸送業など車のメンテナンスや販売などの業務による運転中に起きた事故に対しては補償されません。加入の際には一度契約内容を確認されておくことをおすすめします。

電柱に自損事故する男性

自損事故保険とは

自損事故保険とは自分の過失によって引き起こした事故に対して補償を行ってくれる保険です。例えば、スピードの出し過ぎでカーブを曲がり切れずガードレールに追突したり、わき見運転で電柱や建物にぶつかり死傷した場合などです。

相手がいない単独事故の場合にももちろん補償されますが、車同士の事故で相手に過失が無い場合でも自損事故保険が適用されます。任意保険の対人賠償保険に自動的に付随してくる保険なので、自損事故保険のみに加入される方はほとんどいません。

自損事故保険の補償内容

自損事故保険の補償対象は保険加入者と、保険加入者が運転している車に同乗していた搭乗者も補償されます。

ただし、対人賠償保険とは異なり上限額が設定されているのが特徴の1つです。補償内容は死亡、後遺傷害、医療保険、介護費用で、それぞれ以下のように上限額が設定されています。

死亡保険金 1000~1500万円まで
後遺障害保険金 30~2000万円まで
介護費用保険金 所定の要介護状態で150~300万円
医療保険金 入院日額6000円、通院日額4000円

自損事故保険の注意ポイント

自損事故保険を使用する際の注意しないといけないのは、保険金を請求すると等級が3つ下がるという点です。もちろん等級が下がると保険料が上がることになります。搭乗者傷害保険に加入されている方は補償内容と保険料を見比べ、どちらの保険を使うのかを検討されるとお得になるケースがあります。

また運転手の過失が100%でも、飲酒運転や車の所有者の承諾なしに運転した場合などは自損事故保険は適用されません。人身傷害保険に入っていると付帯なしになっていることもありますので、加入している任意保険に自損事故保険が入ってるか確認しておくようにしましょう。

参考リンク
・チューリッヒ:自損事故で自動車保険(車両保険)は使える?

無保険車傷害、自損事故保険のまとめ

  • 無保険車傷害保険は加害者の補償が十分でない場合に不足分を補償してくれる保険
  • 加害者が判明しない場合にも適用される
  • 保険金の限度額は1名あたり2億円までが一般的な金額
  • 自損事故保険では運転手の過失が100%でも補償される保険
  • 対人賠償保険に付随されていることが多く、補償内容と保険金の限度額が決められている
  • 自損事故保険を使用すると等級が3つ下がり保険料がアップする